StarLogo プログラミング - 本郷健

プログラミング StarLogo

Add: azylomu70 - Date: 2020-12-09 19:03:58 - Views: 9740 - Clicks: 418

Xce : 測定終了時 x 座標 パッチ変数 1. StarLogoプログラミング - 情報教育にいかす分散処理シミュレーション - 本郷健 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレ-ション 本郷健 齋藤実/東京電機大学出版局 /10出版 185p 26cm ISBN:NDC:007. StarLogoプログラミング-情報教育にいかす分散処理シミュレ-ション: 本郷健 齋藤実 須藤崇夫: 東京電機大学出版局: /10 発売 ( B5・185ページ ) isbn:: 価格: 3,080円 ( 本体: 2,800円 ). 本郷健編著 ; 齋藤実, 須藤祟夫, 堀口真史著. 本研究はStarLogoという無数にタートルを持てる処理系において、各タートルに車の運転ルールを与え、シミュレーションを行った。このシミュレーションよりできた渋滞がタートルの進行方向とは逆に進んでいくことが確認できた。図6のシミュレーション結果より、サグを追加した場合は交通流率のピークが低くなり、ピークになるときの密度も小さくなることが言える。 これらのことからサグが渋滞を引き起こすことが再現できた。 今回の研究では、密度の値を大きくすると前方の自動車を飛び越してしまうバグが発生したため、今後は密度の値を大きくしても正しい実験結果が得られるようにしたい。. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーション - 本郷健/編著 斎藤実/著 須藤崇夫/著 堀口真史/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!.

StarLogo プログラミング - 本郷健 Db : 制動距離(Db)pl 6. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーションならYahoo! b : 減速度(b) 3. sag : サグ部判定 スライダ変数 1.

mt : 測定ステップ数step 12. a : 加速度(a) 2. StarLogoプログラミング. StarLogoプログラミング(シミュレーションプログラム) 本郷 健 編著/齋藤 実・須藤崇夫・堀口真史 著 (. 本郷 健(ホンゴウ タケシ).

S : 測定区間長(S)pl 2. ms, me : 測定用フラグ タートル変数 1. Pl : 最低限連続で加速したい回数(Pl) 4. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーション/本郷健/齋藤実【合計3000円以上で送料無料】. 10 形態: 1オンラインリソース 著者名:. Starlogoプログラミング : 情報教育にいかす分散処理シミュレーション. a : 加速度(a)×10-4pl/step 3. 本郷/健∥編著 齋藤/実∥著 須藤/崇夫∥著 堀口/真史∥著 責任表示ヨミ ホンゴウ,タケシ サイトウ,ミノル ストウ,タカオ ホリグチ,マサノブ.

30:第1版刊行) 工学のためのVBAプログラミング基礎(例題と章末問題のデータ) 村木正芳著 (. 渋滞とは車が集中して交通が滞る現象であるが、コンピュータで取り扱うため、本研究では「先行車によって速度を制限された状態」として扱うとこととする。 渋滞は発生原因から、自然渋滞と突発渋滞とに分けられる。 自然渋滞とは、道路構造条件のために、ある道路がどれだけの車を通すことができるかという、その道路が構造上有している能力である「交通容量」が相対的に小さくなっているような地点を先頭として発生するものであり、その容量を超過する交通需要が生起するたびに、同じ箇所で繰り返し発生する。 一方、突発渋滞とは、交通事故・天災などの突発事象によって、一時的に 交通容量が低下するために起きる渋滞である。 交通の妨げになっている箇所のことを「ボトルネック」というが、高速道路における典型的なボトルネックは、合流部、トンネル部、カーブ区間、幹線道路どうしの交差点、多枝交差点などがあげられる。本研究ではこのボトルネックの1つである、「サグ」を高速道路に設置する。サグとは凹部のことで、図1のような緩やかな下り坂から上り坂に変化するところである。高速道路を走行していてこのサグ部にさしかかると、運手者は意識せずとも. 8 4 - StarLogoプログラミング. 第2版 コンピュータの基礎の本の通販、村上弘幸、本郷健の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで第2版 コンピュータの基礎を購入すれば、ポイントが貯まります。 10 Description: 1オンラインリソース Authors:. 30) StarLogoプログラミング2,800円+税; 本書14ページに記載されているプログラムです。 Zip形式で圧縮されています。 下の『life_game. ahcar : 先行車両 ID 4. See full list on net.

ゴードンーダグラス 、 本郷 健 | 1972/1/1. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーション - 本郷健のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. Starlogoプログラミング : 情報教育にいかす分散処理シミュレーション Format: eBook Responsibility: 本郷健編著 ; 齋藤実, 須藤祟夫, 堀口真史著 Language: Japanese Published: 東京 : 東京電機大学出版局,. 著者: 本郷 健 編著 齋藤 実 著 須藤 崇夫 著 堀口 真史 著. | Starlogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレ-ション | 本郷健 | JP Edition | Books || HMV&BOOKS online : Online Shopping & Information Site Multiple payment & delivery options for our customers’ satisfaction!

タートルの行動範囲をます目に区切ったものをパッチと呼び、それぞれはセルオートマトンとして機能する。 2. v : 速度(v)pl/step 2. Ponta Point available! xcs : 測定開始時 x 座標 8. 本研究で使用した StarLogo システムについて説明する。グラフィック画面上にタートルを表示でき、また、タートルの移動範囲のバックグラウンドにパッチと呼ばれるセルオートマトンがある。さらに、これらから情報を得て情報処理を行うため、全権的にタートルやパッチをコントロールする、オブザーバと呼ばれる操作がある。 StarLogo ではこの「タートル」「パッチ」「オブザーバ」についてプログラ ムを行う。 オブザーバが主プログラムになるが、オブザーバで発生させた全てのタートル はタートル用のプログラムに従う。また、画面上の全てのパッチはパッチ用のプログラムに従う。 初期画面でStar logoウィンドウの右領域にある、黒く四角い画面がグラフィックキャンバスとなっている。この黒色の画面はpatchと呼ばれるものが敷き詰められている。このグラフィックキャンバスのpatch上にturtleが乗っている。初期化された直後はturtleが中央に折り重なった状態になる。プロジェクトを実行すると、実行結果はこのグラフィックキャンバス上に現れる。 モデルの作成者は、モデル化しようとする世界をこのグラフ.

Starlogoプログラミング : 情報教育にいかす分散処理シミュレーション フォーマット: 電子ブック 責任表示: 本郷健編著 ; 齋藤実, 須藤祟夫, 堀口真史著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局,. g : 同期処理用変数 タートル変数 1. このシミュレーション結果より、一定の交通密度までは交通密度が上がるにつれて交通流率も比例して上がることがわかる。しかし、サグを追加した場合では交通密度が30付近から、またサグがない時では35付近から比例して上がらなくなる。図は東名高速道路の実測値であるが、同じく途中までは交通密度が上がると比例したように交通流率が上がり、一定の交通密度で下がっていくようなq-k相関となる。 今回シミュレーションの交通密度は50までの計測である。サグを設置しない場合のq-k相関は東名高速道路の実測値に近いものとなった。また、サグを設置した場合は渋滞が発生する交通密度が小さくなったため、ピークになる交通密度が小さくなったと考える。. stepc : ステップ数steps 6.

StarLogoプログラミング 本郷 健 編著/齋藤 実・須藤崇夫・堀口真史 著 (. 東京電機大学出版局. k : 密度(k)vehicles/200pl 4. StarLogoプログラミング: 情報教育にいかす分散処理シミュレーション 本郷健, 齋藤実, 須藤崇夫 東京電機大学出版局,pages. home; ご注文方法; お問い合わせ. 今回のシミュレーションは、前研究として既に行われている「StarLogoによる交通渋滞現象の解析」にて使用されたプログラムを使用している。 ここで使用されたプログラムにサグ部を追加することで高速道路におけるサグによる渋滞を再現する。また、車の設置にランダム性を導入することにより、より本物に近い高速道路をシミュレーションする。 これらを実現するプログラムを作成しStarLogoによりシミュレーションを行う。実際でのシミュレーション実行画面は図5の通りになる。 プログラム中の各変数の意味を次に示す。 なお、StarLogo における 1 パッチ分の長さを 1[pl]とする。 グローバル変数 1. D : 車間距離(D)pl 5.

本郷 健 | 年10月10日頃発売 | Pythonの初学者向け課題学習型テキスト。Pythonはシンプルな言語で可読性に優れており、コマンドからすぐに動作につながるため、初学者の言語習得に適している。基礎編でPythonの動作を確認しながら理解を深め、実践編では例題にタートルグラフィックを使い. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレ-ション /東京電機大学出版局/本郷健の価格比較、最安値比較。. 「StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーション/本郷健/齋藤実」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフー. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレ-ション 本郷健 / 東京電機大学出版局 /10 税込¥3,080 学生のための詳解Visual Basic. 高速道路ではしばしば渋滞が起こる。事故や渋滞が原因で起こる渋滞もあるが、同じ場所で何回も渋滞が起きるケースもある。例として中央自動車道の笹子トンネル前で起こる渋滞がある。これは経験をした人も多いではないだろうか。これはトンネルに入るときに人が無意識に行う減速と、勾配により自然と減速をしてしまうことが原因で渋滞が起きるとされている。 本研究では、StarLogoを用いて単車線の高速道路にサグ部を設けシミュレーションし、サグが渋滞を引き起こすことを再現する。 StarLogoとはLogoシステムが元となっているシステムであり、Logo言語の多くの機能が利用でき、図形処理、数値処理、リスト処理等を行うことができる。Logo言語とは教育用言語として発展してきた。人工知能言語のLISPをベースに、その設計思想を保持しながら、子供でも扱いやすいように改良されたmini-LISPとも呼ばれる高級言語である。このLogo言語に対して以下のような拡張をしたものがStarLogoである。 1. Pl : 最低限連続で加速したい回数(Pl)回 7. 本/雑誌 StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーション 本郷健 斎藤実 須藤崇夫 堀口真史. StarLogoプログラミング―情報教育にいかす分散処理シミュレーション 本郷 健【編著】 / 齋藤 実 / 須藤 崇夫 / 堀口 真史【著】 価格 ¥3,024 (本体¥2,800).

StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シュミレーション, 東京電機大学出版局. 本郷が担当する学習・研究を支援するサイト 脳活動とプログ ラミング アルゴリズム/プログラミング 学習・教育. a : 加速度(a)pl/step 8. vlim : 制限速度(vlim)pl/step 10. 目次 : 第1章 StarLogoの概要/ 第2章 Star. l : 車長(l) 6. l : 車長(l)pl 3. 【銀行振込不可】。【新品】【本】StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーション 本郷健/編著 斎藤実/著 須藤崇夫/著 堀口真史/著.

b : 減速度(b)pl/step 9. Affiliation (Current):大妻女子大学,社会情報学部,教授, Research Field:Science education,Science education,Educational technology,Basic Section 09040:Education on school subjects and primary/secondary education-related, Keywords:情報教育,StarLogo,カリキュラム開発,情報科教育,情報科,シミュレーション,分散処理的モデル,モデル化と. g : 同期処理用変数 11. b : 減速度(b)×10-4pl/step 各変数の意味は次の通りである。 グローバル変数 1. 所属 (現在):大妻女子大学,社会情報学部,教授, 研究分野:科学教育,科学教育,教育工学,小区分09040:教科教育学および初等中等教育学関連, キーワード:情報教育,StarLogo,カリキュラム開発,情報科教育,情報科,シミュレーション,分散処理的モデル,モデル化とシミュレーション,マルチエージェント. vtmp : 速度計算用一時変数 3. Amazonで斎藤 実, 須藤崇夫, 堀口真史, 本郷 健 編著のStarLogoプログラミング。アマゾンならポイント還元本が多数。斎藤 実, 須藤崇夫, 堀口真史, 本郷 健 編著作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

Starlogoプログラミング : 情報教育にいかす分散処理シミュレーション 資料種別: 電子ブック 責任表示: 本郷健編著 ; 齋藤実, StarLogo プログラミング - 本郷健 須藤祟夫, 堀口真史著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局,. Da : 加速車間距離(Da)pl 7. StarLogoプログラミング 情報教育にいかす分散処理シミュレーション/本郷 健/齋藤 実/須藤 崇夫/堀口 真史(コンピュータ・it・情報科学) - 分散処理的な見方や考え方を、プログラムの作成体験を通して身につけていくことを目指したStarLogoの入門書。.

当社では Web サイトにcookieを使用しています。cookieは、ウェブサイトの機能および利用の向上、および分析と広告を目的として使用します。. q : 交通流率(q)vehicles/Mt 5. StarLogoプログラミング: 情報教育にいかす分散処理シミュレーション 本郷健, 齋藤実, 須藤崇夫 東京電機大学出版局,ページ. Starlogoプログラミング : 情報教育にいかす分散処理シミュレーション フォーマット: 図書 責任表示: 本郷健編著 ; 齋藤実, 須藤祟夫, 堀口真史著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東京電機大学出版局,.

vlim : 制限速度(vlim) 5. N : 台数(N)vehicles 2. StarLogoプログラミング : 情報教育にいかす分散処理シミュレーション 本郷健 編著,齋藤実, 須藤崇夫, 堀口真史 著. 10 形態: v, 185p : 挿図 ; 26cm 著者名:.

StarLogo プログラミング - 本郷健

email: hymog@gmail.com - phone:(897) 197-7295 x 4196

幼馴染みが還ってきました - 杜若わか - 統治と自治の政治経済学 小西砂千夫

-> エンジェル・ハィロゥ 機動戦士Vガンダム5 - 富野由悠季
-> 国税通則・国税徴収法規集 平成20年6月1日 - 日本税理士会連合会

StarLogo プログラミング - 本郷健 - 入試に出る Z会中学受験シリーズ Z会指導部


Sitemap 1

マンション管理士・管理業務主任者30日間完成 論点学習+横断整理 2020 - TACマンション管理士・管理業務主任者講座 - ぜったい貯蓄したい人のカンタン家計目標ステップアップノート